忍者ブログ
2012年9月1日、京都から始まる原付西日本一周ツーリングの記録です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

5日目

朝からあいにくの雨・・・さっそく二人共準備して博多へ。

この日は熊本県へ行くために途中あんまり寄らないこと。しかし博多ラーメンだけは逃せない!!(九州はラーメンの名所が多いからラーメンが自然と多くなる)ということで博多ラーメン「だるま」へ。



ここは有名なところらしく、壁面に有名人のサインがぎっっしーり!ほんとかいな~っていう人のサインも。

肝心のお味のほうは麺は細麺でとんこつ100%でさっぱりめ。こってりが好きな人にはちょっと物足りないかも?でも美味しいのは有名人のサインでお墨付きです!

博多で職場へのおみやげを買い、ヨドバシへ寄りたきたさんの懐中電灯を買い、足早に熊本へ。

(流れが早いように思いますがこれ、本当に移動に時間が掛かるため道中何も無いとこんな感じです(´・ω・`))

そして一瞬佐賀県に入り、あっという間に夜の熊本に。熊本も路面電車走ってるんだー、ご飯どうするー?って話をしてるとベストなタイミングで熊本のお知り合いの方がツイッターで「晩御飯おごるよー」っとお誘い!!!

まさか会えるとは思えずちょっと嬉しいのと美人さんなので緊張するのとでドキドキしながら言われた場所へ。

しばらくすると向こうからストレートにこちらにやってくる女性が。やっぱバイクと格好でかなり目立つんですかね・・・(笑)

軽く世間話をしつつバイクの駐輪場を探す事に。しかし途中道を間違え、引き返す時に・・・

「あ・・・やばい・・・」

ガッシャーン!


こんつ、ココに来てこの度初のバイクこかしをしてしまう・・・

「あー大丈夫ですよーww」

そう口走りながらこけるときにバイクに擦った太ももとバイクに初めて傷を負わせてしまったショックを心に刻みながらもそのまま付いて行く。


「私じゃ美味しいお店とか不安なので頼れるお姉さんに聞きにいきますねー」

それを言われた瞬間何故か怖い想像をしてしまって一体どんな人のところへ・・・っと思ってたらなんと熊本、商店街の中にIpadを持ったお姉さんが何人も歩いており、その人に郷土料理美味しいところは?みたいに聞くと提案、案内、予約までしてくれるという近代的な何かを感じました(汗)京都にもああいう人いたら迷わずに済むのになぁ・・・

そうこうしながらもおすすめのお店へ。自分たちは何か落ち着かない感じでお店のメニューを見る。


・・漢字が読めない・・・

しかし熊本の助っ人さん、すごく慣れた様子で熊本の郷土料理を注文してって下さる。この時初めて「社会人ってすごい・・・」と内心思いました・・・

そして熊本の話とか、今まで通ってきた景色の話とか、はたまたなんと熊本のゆるキャラ、くまモンのお守りとボールペンを頂いたり、この時はもう久しぶりに人とがっつり話が出来て楽しかったです!

そしていよいよ料理登場!!!



馬刺しを知らなかった自分はてっきり串に刺さった馬の焼肉みたいなの想像してたのですが全く違うんですね(笑)

綺麗な色をしたお刺身のような盛り合わせが来ました。馬の部位によって味が違うらしく、ワクワクしながらいただきますっ!


おぉ・・・ほんとにお刺身みたい!!
口の中ですぐ柔らかくなる感じで、赤身とか馬のたてがみの部分とかがすんごく美味しい!!ご飯とお酒が欲しくなる!!

熊本の人はこんな美味しい物を食べてるんですねぇ・・・羨ましい・・・。

そしてそのあとも郷土料理である、辛子レンコンや、アスパラ?に辛子がかかってるようなものや、お鍋?みたいなのもいただきました。

二人は美味しい美味しいと食べるけど・・・なぜこうも辛子をふんだんに使ってくるのか・・・辛子いらんよ・・・


しかしほんとに美味しい思いができましたとも!ほんとにありがとうございました!(ちなみに二人では到底食べれないお値段でした)


食事もし終え、もう無性にベッドに横たわりたくなった為、急遽ホテルを探すことに。
助っ人の女性さんも一緒に探してくれ(ほんとに夜遅くなのに申し訳なかったです・・)、しばらく悩んだ末、熊本駅の方にあるホテルへ。

ここで助っ人さんとお別れをし(また京都にも来てくださいねー!)ホテルへ向かう。

そして無事ホテルに付いた頃にはチェックイン門限ギリギリの23時50分。

そこの優しいおじさんが値段をネット価格にしてくださり、無事ベッド(今回はれっきとしたツイン部屋!)に眠ることができました。


明日はいよいよ熊本観光へ繰り出します!!


5日目終了  こんつ
PR
昨日一生懸命書いたブログが消えたので少し雑になる恐れがあります(´・ω・`)



4日目です!!

本日は山口県秋吉台を通り日本海側へ出て、角島へ向かい、その後福岡へ行くプランです




秋吉台手前の道の駅で野宿した私達、最高の目覚めでした

野宿の良さというのは、朝の清々しさにあるんじゃないかなと思います。

早速準備をして出発!!時間は午前9時

まずは秋吉台入り口にある鍾乳洞、秋芳洞へ

10分くらいでつきました。秋芳洞付近につくと、おばちゃんの客引きがすごいすごい・・・

通過する車が「何事か!?」と思って駐車するわけでもないのに止まってしまうくらいすごい・・・

そんな光景を見つつ、秋芳洞へ

朝の早い時間帯だったため、秋芳洞へ続く道のおみやげ屋さんはまだ開いていませんでした

おみやげマスターのこんつは少し残念そうでした。

秋芳洞の入場口で料金を払い(1200円となかなかのお値段・・・)秋芳洞までの大自然の道を歩く。



そしてしばらく歩いていると見えてきました!!!



でかい!!!まるで龍でも眠っていそうな巨大なたて穴がそこにはありました!
そのまま中に入るとやはり鍾乳洞というだけあってひんやりした空気が流れていました。

中では天井から水滴が垂れ落ち、それによって削られた大小様々な石が色々な形の彫刻のようになっていました!

たとえば・・・・

人間の形に見える石や



いかにも鍾乳洞!っといったような形になっていたり、日本の田園風景によく似た巨大な平たい岩等とても神秘的な光景でした。
ここは言葉で説明しても伝わらないと思うので是非自分で行った貰いたいです!


そして秋芳洞を後にし、いよいよ!山口県有名スポット!そしてライダーなら誰しもが一度は行きたいであろう場所・・・それがここ・・・・



秋吉台!!!

もう写真で見てもらうと分かる通りあたり一面草原草原草原!!!!無効の山々までも全て草原。そんな中に一本だけ伸びる道路、もうね!!ひゃっほーー!って叫んじゃうぐらいいい景色なんですよ!!


展望台でいちごソフトと夏みかんソフトを食べ(これがまた美味しいのなんのって)またするーっと秋吉台を下る。さよなら秋吉台!また機会があれば来るぞー!

そして今回はまだまだあります素晴らしい見所ッ!

そう、山口県の端っこ、知ってる人は知っている、知らない人は是非行って欲しい場所。それがココッ!!


角島!!!


これ!日本なんですよ!?南国でもハワイでもなく!日本の山口県の端で見れる光景なんですよ!!?

いやぁこれは写真だけでなく実際に行ってもらいたい!!

そしてこんな綺麗な海、実際に入ってみたいですよね・・・

入りましたとも!!この為にわざわざ海パンを持ってき、いざ中に!

冷たい!!綺麗!!青い!!クラゲ!!海藻!!

実は自分(こんつ)、海に行ったことがなく(記憶に無いだけかも・・)
「おぉー!ほんとに水しょっぱい!」
「クラゲ見てみたい!」
「なんかヒリヒリするんやけどこれクラゲ?」
お恥ずかしながらテンション上がりっぱなしでした・・・そしてもちろん二人共こんがり焼けましたとさ・・・痛い・・・

そして満足したところで、ここもバイバイして山口県は下関へ移動!

着いた頃にはもう夕方、お腹も空いた頃なので下関といえば海鮮ということで海鮮丼といくら丼をいただくことに。



魚屋さんが食堂をしているような気さくなおばちゃんがいる味のある食堂でお食事をしいよいよ九州に上陸です!

そう、本来ならば50ccの原付は関門トンネルの人道を歩いて押し通らならければならないのですが、自分たちは51cc以上の原付二種。50円払うことでトンネルを普通に走行して通れるのです!

初めての水中トンネル越えでワクワクして入ったものの・・・・

普通のトンネルと変わらん(´・ω・`)

なんかこう途中海の中見えたりとか期待してたけどそんな事なく数分のトンネルの末、無事福岡は小倉へ。

まず驚いたことは警察の多さ。小倉駅に向かうまでに6台ぐらいのパトカーに出会いました。やっぱ暴力団とかの関係で治安意地が大変なのかねぇ・・・。

そして今日は疲れているということもありホテルを探すことに。なんと二人で4080円のホテルを発見!ネットカフェより安い!ということでそこに宿泊。
(何故かダブルルームでベッドと友情をかけたじゃんけんが行われたことはまた別の話)

今日はゆっくり休めそうです、ソファで。

4日目終了。こんつ
さあ!!3日目の更新をしていきましょう!!

ネットカフェで睡眠を取り、朝の9時すぎにスタート!

今日の最終目的地は山口県秋吉台のキャンプ場

ここで、この旅の計画を少し知っている方なら、「あれ?」となっているかも知れません。

と、いうのも、我々、本来ならばしまなみ海道を渡り、今頃は愛媛県に上陸しているはずなのです。

しかし、目的地は山口県。これは一体どういうことなのか



まぁ、理由は簡単で、「地図上では広島市内もしまなみ海道の入り口もそんなに離れてないから市内行って、引き返してしまなみ海道通ればいいや!」という計画のもと動いていたのですが

いざ市内まで行ってみると遠い遠い。その距離なんと140キロオーバー…(実に1日の走行限界の半分の距離)

「これはさすがに引き返すには精神的にしんどいわ」

と、いうことで、急遽山口県を目指すことにしました。

「せっかく山口方面に行くのだから、宮島に行きたい!!」という僕の願望のもとに、まずは宮島・厳島神社を目指しました。

到着し、宮島行きのフェリー乗り場近くの無料バイク置き場にバイクを止めることに

するとバイク置き場に若い警察官の方がいて、軽くしゃべってからフェリーに乗りました。

フェリーに乗り宮島にいくと、出迎えてくれたのは  鹿・鹿・鹿

とにかく鹿がたくさん居ました。

厳島神社は、とても綺麗で、堂々とそこに姿がありました。岡山の美観地区で見た日本らしさとはまた違った、日本の伝統、文化に触れることができたように思えます。
(二人ともテンション上がり過ぎて写真を取りすぎました。その様子はGALLERYで)


厳島神社を観光した後は、お待ちかねのご飯・・・!

広島と言えば、やっぱり牡蠣!!ということで、おやつに焼き牡蠣を食べ(なんとこんつさん、牡蠣初体験!!)

ご飯としてカキフライ、そして牡蠣めしを食しました。
(めちゃくちゃ美味しかった・・・!)

宮島を出て、バイク置き場に戻って準備をしていると

またあの警察官の方が来た・・・!

そこでまた色々と話し

「東広島で大雨洪水警報出てるから、一応注意して行きやー」

という情報を教えてもらいました。

そして、出発!!一路秋吉台へ!(ここで、原爆ドームにいくのを忘れたことに気付くが引き返すのが面倒なのでなかったコトにした二人)

途中、警察官の方が言ったように、大雨に遭遇…!

激しく降る雨にプラスして、激しい雷も!!

特別大きな雷の音がなった瞬間、目の前の山に火の手が!!!

僕たちは、生まれて初めて落雷による山火事の瞬間を目撃した・・・・!
(落雷の後、停電により信号が消え、しばらく走行不能に)



そんな土砂降りの中を走った僕達の体は冷えきっており、秋吉台20キロ手前の旅館で温泉に入ることに

受付のおじちゃんと「この旅館に一度有名な台湾の人が来てね~」などの話をした後、温泉に浸かりました

やっぱり、冷えた体を温めるには温泉が一番ですね


温泉を出た後、時間が遅かったのでコンビニでお弁当を買い、近くの道の駅の裏で野宿をすることに

テントの中、二人でお酒を飲みながら「なんか、旅って感じやなぁ」「野宿が一番の醍醐味かもしれんね」など、いろんな話をして、3日目は終わりました。

まだ3日しか立っていないけど、旅の良さを実感した日でした。

※たきた




さて引き続き二日目の事を書いて行きましょう!

チェーンのかかってたはずのキャンプ場に知らないおじさんが来てビビったら管理人さんだったりあった朝の話はとりあえず置いといて・・・・。

昨日の汗を流していなかった二人は早速銭湯へ。おじいちゃん達と汗を流した後再び旅へ。

今日は岡山県内を散策すべく助っ人の方と岡山駅で待ち合わせ。

久しぶりに人と会うことにワクワクしながらの走行中に・・・相方からすごく悲しそうな声がトランシーバーに入って来ました。

『俺・・・・寝袋・・・・落としたわ・・・・』

後ろを見ると寝袋があった場所にはブランブランとぶら下がったネット・・・。もうね、一日しか使ってない寝袋落とすとかね、アボカド。岡山県内で迷彩の寝袋が落ちていたらたきたのです。その悲しみを背負って替えの寝袋を買いに・・・。(ホテル一泊分もする1980円の出費はなかなか・・・)

そんなこんなもありながらも無事岡山駅へ到着。この広い駅、助っ人を探すのは大変・・・と思うのもつかの間、前に54時間生放送をした時に作った黄色Tシャツを着てる人を発見!!いやぁなんか会う人会う人アレを着てきてくれるからすごく嬉しいっていうねw

兎にも角にも無事出会えご飯へ。岡山B級グルメのお店へ。そこで名産?のえびめしとデミカツ丼をいただく。いやぁ焼きそばみたいなのにさっぱりしてるピラフ。すごく変な感じでした!相方のデミグラ丼はどうだったんだろうね。

助っ人さんとあんなことやこんなこと。京都のいいところの話をしていたらあっという間に出発の時間に。バイト先と自分用にマスカットゴーフレットと・・・じゅれみっくすを購入。

そしてお別れした後、岡山は美観地区へ、日本の町!って感じの景色が広がる街並みは和の良さを改めて思い出させてくれる良き風景でした。

そこで「西日本一周中」なんてプレートをバイクに付け押して歩いているとやっぱり目立つ訳ですよ。所々から「へぇー、西日本一周やってさー」とか「西日本一周微妙じゃない?」とか聞こえてくるのは嬉しいやら悲しいやら・・・そんな中一人の男性が気さくに「君等京都から来とるん?」って言ってきてくれたわけですよ!!!
「そうですよー、昨日から来て今日ここについたんですよー」
「へぇー、京都って事は同志社大学か!!」
「いえ・・・」
~みたいな会話の後写真を撮っていただき、写真を撮られお別れ。おすすめのお店も紹介されたけれど残念ながらご飯食べた後だったので行けなかった(´・ω・`)

そのまま広島までものの見事に何も無いまま到着!広島ではもちろん!広島焼きをいただきました!大阪でもお好み焼きはあるけれど、やっぱり粉モン勝負はどっちも負けとりませんなぁ・・・・すごく美味でした!

そのままこの日は近くのネットカフェで一泊。食べ放題のアイスクリームを子供のようにお代わりし、案の定お腹が・・・ってなって就寝しました。

2日目終了。 こんつ
このブログをかけているということは無事旅を続けられているのでしょう・・・!
というわけでこんにちは!一日目、京都~岡山編です!

旅の始まりは予定を大幅に遅れた午後12時半。この時から既に予定通り行かない旅に若干の不安を覚えながらも、天気にも恵まれ、絶好のスタートを切れました。

この日の目標は岡山県のとあるキャンプ場。距離にして実に233km。炎天下の中、原付を飛ばすにはなかなかしんどい距離でしたが、なんたって一日目!テンションとか高揚感とかで何とか乗り切れると思いひたすら走り続けました。国道2号線という広いしスピード早いしトラック多いしな道をずっと走り続けるせいで体力がみるみる削られていきます。さすがにしんどいということで最初の休憩を兵庫県の六甲でとり再びスタート。

しばらく走っていると後ろからなんだがジョンレノンの聞き覚えのある音楽を大音量でかけながら走って来る大型バイクが・・・・。絡まれたら嫌だなぁ・・・とか思いながら走っているとなんと後ろにくっついたではありませんか!?(あぁ・・・一日目で絡まれるとか・・・)とかうんざりしながら走り、信号で止まった途端いきなり
『面白いことしてるなぁ!』
もうそりゃいきなりだったもんでドキッとしたってもんじゃないですよ!w実は全然良い人で『そっか京都から来てるんか!ホンマに気つけて行ってやー!』とか言われてもうその時はホントに嬉しかった!
その後もずっと後ろを定速でついてきてくれ、ケンタッキーへと消えて行きました・・・。

更に途中で偶然帰省していた友人と出会い、写真をパシャリ。アレもなかなか嬉しかったなぁwやっぱり旅の途中で話せるのはすっごい元気になれますよ!

その後はもうひたすら進む進む。21時を過ぎ、あたりももう真っ暗になったところで途中にあるラーメン屋さんで踊る大捜査線のTVを見ながらまったり。そしてすぐさま出発し、暗い中、岡山ブルーラインというもう高速道路並の道をするすると走る。

そして目的のキャンプ場にたどり着いたのが22時過ぎ。「やっと着いたー!」と思ったのもつかの間・・・・。「入り口・・・・・チェーンしてあるんやけど・・・・」そう!8月中はシーズンなので入り口は常に開放状態。しかし9月からは夜になると閉められるという新事実!
「横・・・なんとか・・・通れるやろう・・・」と二人で言いながら横の溝スレっスレをバイクで通る。しかしさらにさらに難所。急なくだりの砂利道。真っ暗の中そんなところを通るのはほんとに怖かった怖かった・・・・。

なんとかそこも通り抜け無事キャンプ場にとおちゃーく!!・・・・とテンション高く行きたかったけれど・・・・見えてきたのは・・・・・村・・・に見えるような・・・建物・・・そして横には沼にも見えるような池・・・・。あの時ばかりはほんとに怖かった・・・・・。廃村にも見える底は二人で1つのテントで寝るという心理にもさせた。ふたりとも必死に早く寝たいがため準備をし、早々に管理人棟の横の広場でテントを立て、その日は就寝しましたとさ・・・・

1日目、終了。 こんつ
本日午後0時30分、我々タキコンは西日本一周に向けて出発します!
3週間という長い工程ですが、二人で協力して乗り切ろうと思います。
どこかで見かけることがあったら、ぜひお声をかけてください!
それでは、行ってきます!!!!
いよいよ明日(時間的に)旅の出発です。
準備がまだ終わっていないので心配ですが、全身全霊、全力で日本の良さを実感してきたいと思います!!
この旅を通じて、僕らはもちろんのこと、これを見てくださるみなさんにも日本を好きになってもらえればなと思います。
そして何より、旅を好きになってもらえればなって
明後日の出発に向けてコツコツと準備中。明日にまた改めて持っていくもの一式を載せるつもりです!
↑テストも兼ねて夏空をパシャリと。


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
タキ☆コン
性別:
男性
フリーエリア
最新コメント
[09/12 タマ]
[09/08 まめ]
[09/02 りこなんとか]
[09/01 某所のマン]
[09/01 あ…臭う]
バーコード
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]
"タキ☆コン" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.